アイリスクォーツ

アイリスクォーツ

アイリスクォーツ、とても惹かれる名前ですね♪レインボークォーツとも呼ばれていますが、アイリスクォーツの方が私は馴染みがあります。

鉱物としては”水晶”です。虹色の輝き(イリデッセンス)を内包した水晶です。
虹色の輝きは内部のヒビ(クラック)によって引き起こされるわけですが、クラック水晶とは別物です。

ややっこしい話ですが、アイリスクォーツの定義は”天然のヒビ(クラック)が入っている水晶”です。虹色の輝きがなくても天然のヒビがあればアイリスクォーツです。

なので、レインボークォーツという名前は適切ではないということになりますよね。誤解を招きかねないので、アイリスクォーツの定義をしっかりと認識しておく必要があると思います。

「ヒビ」という表現をすると傷がついている印象を受けますが、それはクラック水晶の立ち位置です。
アイリスクォーツの場合は地殻変動による大きな圧力の影響であったり、結晶の成長過程で結晶構造に何らかの変化が起こった結果生み出されるものです。ヒビなのですが、ひと言で”ヒビ”と表現するのは少し違う気がしますね。

アイリスクォーツは水晶ですので「万能のパワーストーン」といえます。
もう少し掘り下げてみると「希望の石」としての顔もあります。成長過程で傷ついてしまったけれど、その傷が力となり、美しい輝きを放つようになる、光り輝く未来へと繋がる、といったイメージができます。まさに希望の石ですね。

アイリスクォーツを使用したブレスレット一覧

素敵な作品がたくさんありますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。