シトリン

シトリン

金運アップ、仕事運アップ、商売繁盛のパワーストーンの代表的な石として挙げることができるのがシトリンです。

あらゆるものにエネルギーを与える太陽のような存在。”太陽を象徴する石”と称される美しい石です。

”欲するものを引き寄せる力がある”とも言われている人気のパワーストーンです。

実は、鉱物的に見るとシトリンとアメジストは極めて似ています。どちらも水晶に微量の鉄イオンを含んでいます。結晶構造に違いによって光の波長が変わり、一方は紫色に見えて、もう一方は黄色に見えるようになります。

前者はアメジスト、後者はシトリンですね。

含まれる鉄イオンは熱によって変化するのですが、その変化が光の波長を変化させ、紫色に見えていたものが黄色に見えるようになったりします。アメジストからシトリンへ変化したわけですね。

自然界でアメジストが地熱などでじっくりと熱せられシトリンへと変化したものと、アメジストを人工的に加熱してシトリンへ変化させたもの、の2種類存在します。
(スモーキークォーツを加熱してシトリンにすることも稀にあるようですが、例外的な感じなので割愛しますね)

シトリンの色の違いでどちらに該当するかを見極めることはできるでしょうか。これは残念ながら”できない”です。

温度や熱せられる時間によって当然色合いは変わってきます。
また、濃いアメジストを加熱すると淡い黄色のシトリンになり、淡いアメジストを加熱すると濃い黄色のシトリンになったりします。

いろいろあるので、色合いで区別することはできなさそうですね。

ここでハッキリ申しますと、シトリンのほとんどは人工的に加熱したものです。
良質なアメジストを加熱して仕上げるシトリン。それはシトリンとして受け入れるべきものだと思います。

人気の宝石ブルートパーズも人工的に色付けされたものですが、それと同じ感じですね。

合成水晶を色付けしてシトリンっぽく仕上げたものや、酸化鉄をコーティングしてシトリンっぽく仕上げたものは論外です。これはシトリンではありません。

微量に含まれる鉄イオンの存在や結晶構造などなどで光の波長が・・・、といった発色原因であれば、それは堂々とシトリンと呼んでOKだと思います。

人工的に加熱処理していない、大自然の力によって誕生した天然のシトリンももちろん存在しています。存在していますが、なかなか手に入れるのは難しいです。

しかし、実際に手に入れることは不可能ではありません。コンゴやザンビアから天然のシトリンが採れていますので、数は少ないですが目にする機会はあります♪

鮮やかな色合いではありませんが、天然シトリンならではの独特の表情をしています。

当店でも、プレミアムブレスレットに人工的な加熱処理をしていないコンゴ産シトリンを使用したブレスレットもございますよ♪

人工的に加熱して生み出したシトリンだから価値は低い、ということはありません。良質なアメジストを加熱して生み出す美しいシトリンは高価です。希少石に分類できる立派な鉱物だと思いますよ。

シトリンを使用したブレスレット一覧

素敵な作品がたくさんありますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。