ディープローズクォーツ

ディープローズクォーツ(マダガスカル産)

ディープローズクォーツの効果・意味|濃い色合いのローズクォーツ

ディープローズクォーツは、通常のローズクォーツよりも濃い発色が特徴です。ピンク色ではなく薔薇色に近いイメージですね。

その色の違いは一目瞭然です。もちろん天然で着色されたものではございません。

高品質のローズクォーツが安定して産出されるマダガスカル産です。ディープローズクォーツもやはりマダガスカルですね。

パワーストーンとしての効果はローズクォーツと同じですので、ローズクォーツのご説明欄をご覧くださいませ。

ローズクォーツ

ローズクォーツ

2018年5月21日

ディープローズクォーツを鉱物的な視点で見てみよう

ざっとご説明した感じですが、もう少し詳しくディープローズクォーツを見てみましょう。

”ディープ”と付いているわけですから、そのままの意味で「濃いローズクォーツ」となります。何が濃いかといえば、もちろん色合いのことを指しています。

ディープローズクォーツという正式な鉱物があるのではなく、濃い色合いのローズクォーツのことを特別に「ディープローズクォーツ」と呼ぶようになっています。

実はこの辺は曖昧で、どれくらい濃ければよいかの定義はありません。

ということは、まったく同じローズクォーツであっても、A店ではローズクォーツと呼び、B店ではディープローズクォーツと呼んでいるかもしれないということですね。鉱物の品質表記の曖昧さと似ているように感じます。

とはいえ、ディープローズクォーツは明らかにローズクォーツとは違う表情をしていますので、間違えることはないと思います。

【写真で比較】ディープローズクォーツとローズクォーツの違い

百聞は一見に如かず、ですね。こちらをご覧ください。

ディープローズクォーツとローズクォーツの違い

一番左がローズクォーツ、そして右2粒がディープローズクォーツ(マダガスカル産)です。もはや説明の必要がないほど色合いに違いがあります。

こちらのローズクォーツも高品質の粒で、ローズクォーツの中では発色はとても良いです。

ここまで違いがあるなら、ディープローズクォーツとローズクォーツは別の鉱物だといってしまってもよい気がしますね。

どちらも素晴らしいパワーストーンであり、素晴らしい天然石です。どちらが上というわけではありません。

鉱物的な希少価値でいえばディープローズクォーツの方が格上になりますが、だからといってローズクォーツの魅力が損なわれるわけではありませんね。

動画もご覧ください

せっかくなので動画も撮影しました♪

写真で見た印象と同じく、動画でも違いはハッキリしていますね。

ディープローズクォーツが人気の理由

可愛い色合い・表情は世界中の女性を虜にしています。

ディープローズクォーツの素晴らしい点としてひとつ挙げるとしましたら、ずばり【透明感があるのに濃い】です。

透明感がない(不透明)な石は色が濃く見えて、透明感がある石は透けて見えるため色は薄く(淡く)見えるのが普通です。

発色の良い石であっても、透明度が高いと濃くみえないことがあります。

しかし、ディープローズクォーツはローズクォーツよりも透明度が高いのに濃い色合いをしています。これは大きな特徴です。

大きな特徴であり、なおかつ人気の理由だと思います♪

ディープローズクォーツを使用した作品一覧

素敵な作品がたくさんありますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。