黒翡翠

黒翡翠

黒翡翠の効果・意味|厄払い・邪気払いの力を強化した本翡翠

翡翠といえば五徳(仁・義・礼・智・勇)が有名ですが、黒翡翠はさらに厄払い・邪気払いの効果が強化されている、といわれています。

黒翡翠とは|グラファイトを含んだ本翡翠

東洋の宝石と称される硬玉(ジェダイト)、それが本翡翠です。

本翡翠

本翡翠

2018年5月19日

翡翠といえば緑色をイメージしますが、翡翠本来の色は白色なんです。

不純物を取り込むことでいろんな色に発色しますので、意外なことにカラーバリエーションは豊富です。

緑色はもちろん、ラベンダー・ピンク・黄・青などなど、そして黒色もあります。

黒翡翠はグラファイト(石墨、黒鉛)を取り込んでいるので黒く発色しています。

↓こちらはグラファイトです。
グラファイト(石墨、黒鉛)

こんな黒い鉱物を取り込むと、白い翡翠も黒くなりますよね。

【写真】黒翡翠の色合いを見てみよう

黒翡翠は完全に真っ黒ではなく、グレーからブラックの間の色合いをしています。個体差がある感じですね。

こちらは当店が確保している黒翡翠たちです。
(かなり強い太陽光が当たっている状態で撮影しました)

黒翡翠

粒によって微妙に色合いに違いがありますね。

室内で見るともっと濃い黒色に見えますが、しっかりと光を当てるとこんな感じの色合いに見えます。

※ブレスレットを制作する際、とくにご要望がなければ濃いめの粒を選ぶようにしています。

前述のとおりグラファイトを取り込んで黒くなっているわけですが、どうしても色ムラができます。

モリオンなどのような漆黒ではなく、翡翠を墨で色付けしたような雰囲気があります。これもまた翡翠の魅力だと思います。

ちなみに、他の色合いの翡翠も色ムラがありますよ。

【写真】黒翡翠とモリオンを見比べてみよう

真っ黒の石の代表格として挙げることができるのは「モリオン」です。

モリオン

モリオン

2018年5月20日

どっちが黒いか見てみましょう♪

黒翡翠とモリオン

左にある1粒がモリオンで、右の4粒はすべて黒翡翠です。

こうして並べてみると一目瞭然ですね。モリオンの方が圧倒的に黒いです。

放射線を浴びて黒く変化した水晶であるモリオンと、グラファイトを取り込んで黒くなった翡翠。だいぶ差がある感じですね。

※今は手元にないのですが黒翡翠にもモリオンと酷似した完全に真っ黒の個体もありますよ。

黒翡翠を使用した作品一覧

素敵な作品がたくさんありますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。