クィーンコンクシェル

クィーンコンクシェル

陶器のように真っ白く、ほんのり赤くお化粧をほどこしたような素敵な表情を見せてくれるクイーンコンクシェル。バハマ諸島のカリブ海沖で取れたコンクパールの母貝です。1800年頃から宝石(ジュエリー)の素材として使われてきました。

1,000貝に1個とも、10,000貝に1個ともいわれるコンク真珠を作る母貝ですが、乱獲によって現在はワシントン条約による規制下にあり、年々希少価値が高くなっています。今はまだ手に入れることはできますが、将来的に手に入らなくなる可能性があります。

白い陶器のようなパワーストーン。マザーオブパールと人気の双璧を担っているクイーンコンクシェル。女性の美しさ(美容や健康美)を育み、母性を高める効果があります。男女の絆を深め、家族愛も深め、安産や子宝に恵まれることでしょう。

クィーンコンクシェルを使用したブレスレット一覧

素敵な作品がたくさんありますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。