糸魚川翡翠(いといかわ・ひすい)

糸魚川翡翠

糸魚川翡翠の効果・意味|日本が世界に誇る新潟県の至宝

本翡翠の産地として有名なのはミャンマー(ビルマ)ですが、日本にも世界的に知られたブランドがあります。

それが新潟県の糸魚川翡翠(いといかわ・ひすい)です。

糸魚川の地図

■有名なヒスイ海岸
糸魚川(ヒスイ海岸)

■美しい景色ですね♪
糸魚川の景色

強力な霊力が宿る糸魚川翡翠

縄文時代・弥生時代(約5千年前)からすでに翡翠は特別な存在として扱われていた歴史があります。多くの墓所から勾玉などが出ているからです。

面白いことに、いろんな地域の遺跡から発見される翡翠のほとんどは糸魚川翡翠であることが成分分析から分かったそうです。

今の時代のように気軽に糸魚川を訪れることはできなかったはずです。何日も歩き続ける必要があるはずですよね。

遥か昔の人々は、なぜそこまでして糸魚川翡翠を手にしていたのでしょうか。

”糸魚川翡翠には強力な霊力が宿っている”と全国的に知られていたんだそうです。

その力を手に入れることができるのなら、糸魚川まで歩いて訪れるだけの価値があったと感じていたわけですね。

遥か昔、全国に知られるというのは凄まじいことですよね。どういう経緯でそうなったのでしょうか。とても興味深いです。

劔璽(けんじ)の間に保管される八坂瓊勾玉

皇室の三種の神器のひとつである八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)は、糸魚川翡翠とされています。

皇居御所の劔璽(けんじ)の間に保管されています。

糸魚川翡翠は天然記念物です

すでに天然記念物に指定されているので採掘はできません。極めて希少価値が高い特別な翡翠というわけですね。

糸魚川翡翠は微細な結晶が絡み合っているので極めて割れにくく頑丈という特徴があります。

美し本翡翠として有名なのはミャンマー(ビルマ)産で、ある程度安定した流通量があります。商業的に採掘されているからです。

それに対して糸魚川翡翠は自然の状態で保護されているので流通量は極めて少なく希少性が高いわけです。さらに天然記念物に指定されているわけですからなおさらですね。

ちなみに、現在の糸魚川河口付近はテトラポットが積まれているので岸に打ち上げられにくくなっていますね。採掘は禁止されているので、今後はさらに希少価値が上がっていくのは間違いなさそうです。

糸魚川翡翠の原石そのままの色合い

糸魚川は本来白っぽい色合いをしています。そもそも日本産の翡翠の大部分は白色です。

純粋なヒスイ輝石は白色なので、意外?なことに翡翠の基本色は緑色ではなく白色なんです。

ここに異種鉱物が混入することで緑や黒、赤やオレンジといった様々な色に発色します。

天然そのものの色合いなので、どうしても色ムラがあります。

その色ムラもまた、糸魚川翡翠の魅力のひとつだと思います♪

糸魚川翡翠を使用した作品一覧

素敵な作品がたくさんありますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。